淡路島にて外壁左官工事APM工法‼︎

姫路市の左官工事全般やってるALOEです。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

今回ご紹介する左官工事は通気ラスAPM工法です。

 

通常のラスではなく、特殊なラスで防水通気シートを貼り通気層を確保した上に

メタルリブラスを貼ってから左官屋の出番です!

この白い防水通気シートが通気層になり、その上にモルタルを2回塗りします。

モルタルを15ミリ塗るのですがラスが波打っているので1回目は7~8ミリぐらいの塗り厚になります

では私たち左官職人の出番ですが、その前にサッシや屋根瓦を汚さないためにしっかり養生してから塗り始めます。

専用のコーナー定規や下場定規をまっすぐ貼り込み塗っていきます。

2回目塗った時に全面クラック防止のメッシュを入れるのですが、私たちは念のため

開口部には下塗りの段階で30センチ程度のメッシュを入れています。

サッシの上下の角とかは特に割れやすいので念には念をと思い自主的に入れるようにしてます。

下塗りがしっかりと乾燥したら上塗りです。

各面ずつ仕上げていくのですが、やることも沢山あるのでチームワーク良く協力し合って進めていきます。

しっかりメッシュを伏せ込み、平らにならして、最後は表面をツルッと仕上げます。

なるべく平らになるように意識してならします。

モルタルの水分が蒸発してしまうとメッシュが上手く伏せ込めないので

スピード感が大事なのです。

最後は金コテでピシッとツルッと仕上げて完了です。

今回の現場はこの後、漆喰を塗り仕上げるのですが、吹き付けなどの仕上げの場合はメッシュの跡を消すために薄塗り補修が必要になります。

 

左官工事は種類が沢山あり、各メーカー、工法によりほんとにさまざまございます。

似たような材料でも、ちょっと違ったり、あまり良くないものも実際ございます。

ここでは私たちALOEの職人たちが良いと思うものをご紹介していきたいと思っていますので、ちょこちょこのぞいていただけたら嬉しく思います。

 

【電話】 079-255-7793
【担当直通】 090-1966-7771
【受付時間】 9:00~18:00
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 姫路市を中心に関西一円、中国地方も対応可


一覧ページに戻る