姫路市にてオシャレな壁をモルタル造形で施工させていただきました!

 

姫路市の塗り壁専門ALOEです。

 

今回ご紹介するのはモルタル造形とエイジング塗装です!

 

新築のお宅のリビングの壁の一部をモルタル造形にてオシャレでオンリーワンの壁を造らしていただいた時の現場です。

下地はブロックと一部ボードだったのですが、

まずは接着剤を塗り、下塗り材を塗っていくのですが回りを汚さないためにしっかりと養生をしてから作業開始です。

 

下塗り材を塗ったらすぐに割れ防止のファイバーメッシュを伏せ込みます!

※これを入れるのと入れないのでは大違いです。

その後もう一度塗り、クシを引きます。

この時大事なのが三角のクシではなく四角のクシを引きます。

※なんのためにクシを引くかと言うと仕上げ材を塗る時の引っ掛かりを強くするためなので四角のクシの方がしっかり引っ掛かり重力に抵抗出来るからです。

‼︎モルタルはひっつける物ではなく引っ掛けるものだ!

私のモルタル造形の師匠の名言です。

 

しっかりと乾かした後仕上げ材を塗りつけて、そのモルタルの硬化のスピードに合わせてカービングして形を造っていきます。

造る物、デザインによって何層も重ね塗りしたりします。

今回はレンガの壁に塗り壁を塗って長い年月が経ち朽ちた部分がめくれ落ちたと言うストーリーが設定です。

造形が終われば、しっかりと乾燥させてからエイジング塗装で着色していきます。

 

お施主様は白い壁がお好きだということで白い仕上げにしています。

 

 

ぱっと見は白い壁って感じですが、実は何色も塗り重ねています。

白い中でも濃淡を出したり、影をよりリアルに見えるように工夫しています。

 

お施主様が後付け出来る柱時計を購入されたのですが、壁に合うように

エイジング塗装でサビさして欲しいとのご要望で新品の時計を古っぽく仕上げました!

写真では分かりにくいかもしれないですが、

いい感じにサビてます。

遊び心をふんだんに発揮出来るところもエイジング塗装の面白いところだと思います。

 

最後にお施主様のお子様はまだ小さい赤ちゃんだったのですが、この子が大きくなっていつか自分で読めるようになった時に読んで欲しいからと、壁にメッセージを描くことになりました!

その両親のお子様に対する愛情とそのお子様が大きくなっていく過程を想像しながら心を込めて描きました!

これからこの壁を中心にご家族のストーリーが育まれていくのだと思うとなんて素敵なお仕事をさせていただいてるのかと思います。

 

私たち合同会社ALOEは想像を創造するをキャッチフレーズにしてお客様の想像を本気で創造したいという思いで取り組んでおります。

 

こんな内装にしてみたいとか、どこかで見たあんな外壁って出来るのかなぁとお思いの方、それきっと出来ます!

塗り壁に関することでのお問い合わせはこちら↓↓↓

 

【電話】 079-255-7793
【担当直通】 090-1966-7771
【受付時間】 9:00~18:00
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 姫路市を中心に関西一円、中国地方も対応可


一覧ページに戻る